大宮の氷川神社について

大宮には東京や埼玉に200社以上あると言われる氷川神社の総本社があります。それが武蔵野国の一宮と呼ばれる大宮氷川神社です。名称としては氷川神社のままですが、総本社として区別するために名前の頭に大宮の地名がつけられることもあるのです。そもそも、地名の大宮自体が、大いなる宮のある場所という意味になっています。その大いなる宮の指すところが、この氷川神社の総本社だというわけです。創建は古代までさかのぼることができると言われています。

 

建てられた場所にも意味があり、冬至の日に朝日がのぼる位置と浅間山を結ぶ線上と、富士山と筑波山を結んだ線上とが交わる場所にあります。主祭神は、須佐之男命、奇稲田姫命、大己貴命となっており、日本武尊の東征伝説にも所縁があります。また、武蔵野国が出雲出身の一族によって開拓されたという言われが残っています。そのため、出雲系の神がまつられているというわけです。地主神としては、アラハバキ神が客人神としてまつられています。

 

現在の氷川神社の参道には、大きな3つの鳥居があり、それぞれ一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居と呼ばれています。参道は杉とケヤキの並木が続いており、周辺住民に親しまれています。毎月なにかしらの祭事がとりおこなわれており、重要な祭事となると多くの人が集まります。初詣客も多いことで知られており、三が日には200万人以上の人が参拝に訪れ、全国でも10指に入るにぎわいとなると言われています。周辺は建築制限のかけられた地区となっています。